1/144 ドラグナー1 製作記その10(完)

皆さんこんばんは。さて、アカ肉旧コン5に向けて製作していたドラグナーも何とか完成させる事が出来、無事にコンペにエントリーする事が出来ました。主催者様のご厚意によりギリギリまで締め切りを延長して頂きまさに滑り込みセーフ状態でしたよ~(汗)

それもこれも泣きの延長を申し込んだ後に余裕ぶっこいて武器のレールガンを製作したり、新造した関節にカバーを製作したりと追加工なんて行っているもんだから自分で自分の首を絞めているようなもんです。



P5150056.jpg



レールガンは銃口の中のバレルと外側のジャケット(でいいのかな?)部分の重なり具合をリアルに見せたくてそれぞれ別パーツで製作しています。



P5150058.jpg



パーツ構成はこんな感じ。もうペラペラなプラ板での箱組みなんでとってもデリケートな部分です(笑)



P5150059.jpg



関節のカバーはヒートプレスで製作。



P5150060.jpg



火曜日から塗装を開始し、毎日仕事から帰ってきてから朝方まで塗装を行うという超ハードスケジュールをこなし、何とか土曜の朝完成、仕事行く前に速攻で撮影という流れでしたので写真の枚数や説明が足りなくなってしまいとっても申し訳ない限りです。(大きな声では言えませんが実はあれ、全力で未完成状態だったりします)
いや~未完成状態で出すなんてホントお恥ずかしい事なんですが、その後、当初より予定していたステッカー貼りを行い、塗り忘れなどをリペイント&トップコートを吹いてようやく完成しました。


それでは完成したリアルグレード風ドラグナーの勇士(?)をど~ぞ!!
先ずはノーマル状態から。



P5230156.jpg



今回塗装は乾燥時間の短縮とマスキング回数の多さから何時もの水性カラーではなくラッカー塗料を使用しました。
最多で1つのパーツに6回ほどマスキングをして塗り分けてるという半ば罰ゲームのような作業を延々と行っていますが、それでも塗り忘れが有ったりするんですよね(汗)



P5230158.jpg



カラーレシピですが(いるのか?)
基本色(グレーっぽい所ね)ホワイト+ニュートラルグレー(少々)+ブルー(極小)
基本色その2(白っぽい所ね)ホワイト+ミディアムブルー(極小)
フレーム色 ニュートラルグレー+ミディアムブルー+メタルブラック(少量)+ホワイト(極小)
アンテナ イエロー+ホワイト+オレンジ(少々)
ストライプA(赤い所ね)モンサレッド+ワインレッド
ストライプB(青い所ね)インディ-ブルー+コバルトブルー(少々)+ホワイト(極小)
武器A(マガジンとアザルトナイフ)スターブライトアイアン+ブラック
武器B(レールガンとショルダーボムとナイフケース)ニュートラルグレー+ミディアムブルー+ブラック+メタルブラック(少量)
だったと思います。なにぶん連日夜遅くの作業でして、正直よく覚えていません。



P5230162.jpg



アザルトナイフはプラ板から製作し、勿論フクラハギのケースと脱着可能です。
この武器劇中では全く使われる事が無かったような・・・。



P5230171.jpg



今回はあまり可動範囲に拘りを持っていなかったんですが、パンツ部分を分割したおかげでこれぐらい動いてくれます。



P5230178.jpg



足の裏のディテは時間の都合でプラ板の張り込みは最小限にしてスジボリメインで入れています。(実はこの撮影時に左二の腕がバキッと破損!!)

暇みて直さなきゃ~(涙)



P5230180.jpg



基本装備状態。ハンドパーツは極手を使用しているのですが、武器もしっかりと保持してくれますね!
シールドは定番のネオジウム磁石で脱着出来ます。



P5220141.jpg



P5220145.jpg



背中のバーニアは展開可能です。



P5220148.jpg



アクションポーズなど



P5220154.jpg



P5230173.jpg



フル装備状態。
リフターの羽根は可動します。



P5220112.jpg



リフターのカラーリングはマスターファイルドラグナーを参考に赤い部分をグレーにしています。



P5220115.jpg



ノズル部分はスターブライトアイアンの上から薄くクリアブルーを吹いて焼けによる変色を表現してみました。



P5220117.jpg



右翼には搭載空母アクアポリスのネームを入れています。



P5220120.jpg



P5220122.jpg



翼展開状態。
主翼先端にはクリアパーツを使用しています。



P5220128.jpg



主翼自体はプラ板で2センチ程延長。



P5220132.jpg



夢のカタパルト発射体制(笑)夢色チェイサーが脳内再生されますね!!



P5220137.jpg



実はこのカタパルト発射体制を格好良くとらせたいが為の股間ブロック可動だったりします。



P5220139.jpg



リアルグレード風ドラグナー如何でしたでしょうか?

さて次回作ですが、ちょっと燃え尽き症候群になりかけてしまったのでロボット物から距離を置いてカーモデルを製作しようと思います。



P5230181.jpg



ポルポルいきま~す!!(笑)
スポンサーサイト

1/144 ドラグナー1 製作記その9

皆さんGWはいかがお過ごしでしょうか?

私は休み中にドラグの工作をせっせと終わらせたかったんですが、現実はそう甘くはありません。
それでもまあ、休み前に頑張って脚部の基本工作は終わらせているので、後は細かいディテ入れを残すのみなんですよ!!

現状はこんな感じです。



P5060054.jpg



現在足首周りがスッカスカなのをどうしようか悩み中ですが果たして締め切りまでに間に合うのでしょうか!?



P5060055.jpg



色んな意味で余裕がな~い!!(汗)

1/144 ドラグナー1 製作記その8

もうすぐゴールデンウィークですね~。
やっと北海道も春らしくなってまいりました!が、私の勤めている会社の真向かいには未だ20メーター級の雪山が鎮座しています(汗)
札幌市よ早くなんとかしてくれ~っ!!

とまあ、前置きはこれぐらいにしてドラグの進行状況です。

現在急ピッチで脚部と武器類の製作に励んでいる状況ですが、今回はほぼ工作の完了したシールドとフトモモをお見せいたします。

先ずはシールドですが、表面はキットのパーツをひたすらヤスリ掛けし整形しています。



P4250048.jpg



そして裏面はマスターファイルを参考にプラ板でディテールを追加してみました。

今回はシールドは手に持たせずにマガジンラックに固定する形式をとっています!固定部にはネオジム磁石を埋め込んで脱着出来る様製作しています。



P4260049.jpg



パーツ構成はこんな感じで製作しています。
一応塗装時間短縮を考えて最小限のマスキングで済むようパーツは分割して製作していますが、その分製作時間が押しているのは言うまでもありませんね(汗)



P4260050.jpg



そしてお次はフトモモです!
ココも最大限キットのパーツを生かしながらディテを詰め込めるよう努力してみました(笑)
ここは真ん中で3ミリ延長し、今風に付け根部分を分割してロール軸を追加しています。



P4260051.jpg



裏側のフレーム部分はプラ板からの製作です。
膝関節はエヴァグリのプラパイプとコトブキヤの丸ノズル&丸モールドの組み合わせで、中にはポリキャップが仕込んであります。



P4260052.jpg



コチラも塗装を考慮してある程度パーツは分割してあります。



P4260053.jpg



ここまで来ると何とか締め切りまでに間に合いそうな気がしてきましたが、まだまだ完成するまで油断できませんね!!

1/144 ドラグナー1製作記その7

もうすぐ締め切りのアカ肉旧コンに向けて製作中のドラグですが未だ全体の工作すら終わっていません(汗)
大丈夫か!?

さて、そんなドラグの製作状況ですが今回は股間ブロックの製作を行っています。
ココはいつもディテ入れに力を入れる所なんですが、今回はちょっと新しい事を試しているんですよ!!



P4170041.jpg



見た目殆どスクラッチ状態に見えるかもしれませんが、キットのパーツを最大限生かすべく一度カットソーで切り刻み再構築しています。
股関節には今風のキットのようなロール軸を追加してみました。


P4170042.jpg



そして今回の目玉が股間ブロックの独立可動です!!
ドラグのデザインってココがいかにも動きそうだったので試してみました(笑)
中からはシリンダー状のパーツがお目見えする仕組みになっているんですよっ!!

でもこんな事ばっかりやっているから作業が進まないんですよね(汗)



P4170045.jpg



ちょっと話がそれますが、実は先日こんな物を購入してしまいました。



P4170046.jpg



マスターファイルドラグナーです!!
瀧川氏が新たに描くドラグナーの設定資料が満載でディテ入れやカラーリングの参考にさせて頂きます。



P4170047.jpg



さて、話を戻しましょう。
サイドアーマーは今回独立させています。設定画と見比べても違和感が無いような分割ラインと形状を自分なりに考えて製作してみました。
ついでにレーザーソードとサーベルラックを新規に製作しています。(ココはキットのパーツがあまりにもしょぼいんで・・・)



P4170040.jpg



各パーツを組み合わせるとこうなります。
更にリアル度がアップしたもではないでしょうか(笑)



P4170036.jpg



P4170037.jpg



各部のディテ入れは早くもマスターファイルドラグナーを参考にしてみました。



P4170039.jpg



P4170038.jpg



現在は頑張って脚部と武器を同時進行で製作中です!!

1/144 ドラグナー1 製作記その6 

気が付けばもう4月・・・(汗)

アカ肉旧コン5に向けて製作中のドラグもようやく腕周りの改修作業が完了しました~!!
思っていた以上に苦戦してしまいましたがまあ、何とか形になったと思います。

それではドラグナー1腕編スタートです!!(笑)


先ずは肩関節軸なんですが、苦戦はすでにココから始まっています。



P4050022.jpg



一見してただ市販パーツを組み合わせて作っただけの物なんですが、実は肩装甲の接続部分を10回近く作り直しているんですよ(汗)
なかなか良い位置に肩装甲を持って行くことが出来ずに四苦八苦しましたが肩装甲側も若干形状変更する事で何とか納めることが出来ました。

お次は上腕部ですが、ここはキットのパーツを改修しています。



P4050025.jpg



なんて簡単な言葉では済まされないぐらいココは改修に時間を費やす事となりました(大汗)はっきり言って腕部で一番時間掛かってるトコなんですよ!

キットのパーツはとってもあいまいな造形で形も歪んでいたのでひたすらヤスリ掛けをして形を整えてからフレーム部分と外装部分の境目にスジ彫りを入れ、各部分をデザインナイフやセラミックケサギでシャープなエッジになるよう造形しています。

外装の膨らんだ部分は、自然な形状になるようエポパテを盛りつけて造形、因みに一部ポリパテが見えますがココは造形に失敗した部分を修正した所なので気にしないで下さい(笑)



P4050024.jpg



フレームの下側部分の形状が特に酷かったのでプラ板と瞬着で形状を変更し、前腕部との接続用ポリを埋め込んでいます。

そんでココまでのパーツを組み合わせるとこうなります。



P4050026.jpg



肩軸は出来る限り肩のポリが露出しないように製作してあるんです!


そして肩装甲はショルダーボムと内部を製作。



P4050020.jpg



ショルダーボムはD1カスタムの物をポリパテで複製(祝初複製!!)し製作したんですが、この為にD1カスタムを買ってしまったのはナイショのお話です(汗)
肩装甲内部にはショルダーボムが収まる訳なんですが、ただ脱着出来るようにしてハイ、オシマイと言うのも味気ないので色々ディテを追加しています。
まあ爆弾が収まる所なので衝撃で誘爆しないよう衝撃を吸収するダンパー式の固定装置と隔壁をイメージしています。

この肩装甲を取り付けた姿がコチラ。



P4050027.jpg



表面にはスジ彫りを入れたりリベットを埋めたりしてディテアップしています。


そしていよいよおバカなパーツが登場する前腕部です(笑)

先ずは新規に製作した肘&手首関節。



P4050028.jpg



何かフレーム状なパーツに見えなくもないですがあくまでもメインは肘&手首関節ですよ(笑)
肘関節はキットのままだとポリキャップが丸見えという実にワイルドで男らしい仕上がりなんですが、私は恥ずかしがり屋なのでポリキャップは見えない所に隠してしまいましょう。

ドラグナーは関節のディテが特徴的なので設定画を参考に丸ノズルとマイナスモールドなどを組み合わせて再現しています。



P4050029.jpg



元々は関節と前腕を別パーツ化する為に肘と手首をプラパイプで繋いでいただけなのですが、何となくD1カスタムの説明書に描かれていたムーバブルフレームの設定画をみていたらこうなってしまいました(笑)
組み立てたら全く見えなくなる部分なんですがこういう所を作るのが作業の息抜きやモチベアップになったりするんですよね~。

ほんでこのフレームに前腕部外装パーツを接続。



P4050030.jpg



前腕部はキットのパーツからカットソーで肘当てとマガジンラックを切り離し、それぞれのパーツを徹底的にヤスリ掛けして整形後、両サイドに0.3ミリプラ板を貼って袖口から見える装甲の厚みを均一にしています。
マガジンラックは0.5ミリプラ板を底に貼り厚みを増して予備マガジンはエバグリのプラ棒から製作。



P4050031.jpg



肘当てはそのままだと味気ない感じがしたので前腕部との接続部分にフレーム状のパーツを露出させてアクセントをつけ、装甲にスジ彫りを追加しています。



P4050032.jpg



お待たせしました!!これらのパーツを組み合わせた姿がコチラです。



P4050033.jpg



P4050034.jpg



P4050035.jpg



如何でしょうか?
今回のコンセプトはズバリ!!リアルグレード風です。旧キットには実に似つかわしくないコンセプトですね(汗)

次回からは下半身の改修を行っていき何とか締め切りまでに完成出来る様頑張ります!!



P4050018.jpg
プロフィール

100回

Author:100回
札幌近郊にお住いのアラフォーモデラーです。
ロボット物を好んで製作していますが、たま~にマニアックなカーモデルを製作しだしたりします(笑)

お気軽にコメント頂けると幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】 http://shiborievent.blog.fc2.com/
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR